借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

返済期日に間に合わない!

借金返せない場合の対処法として、とても大事なことがあります。
それは一人で悩まないということです。

借金問題って人に相談しにくいので、どうしても自分だけで抱えてしまいますよね。でも専門家に相談することによって気持ちがとっても楽になりますよ。また、借金解決の方法としては、一つではありません。自分に合った最適な解決方法を導き出すことができればいいですよね。

借金を減額すれば返済できるのか?

借金返せない原因として、返済額に加えて利息分があるからだと思います。
金利が高い分どうしても利息は高く付きます。この利息をゼロにする手続きを任意整理といいます。

債務整理の一つである任意整理は利息がなくなるだけで、最終的な支払額は大きく変わります。
返済額や返済方法をそれぞれ交渉して、折り合いをつけるのですが、裁判所は通しません。
借金問題の初期段階である場合、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。
現実的な返済計画が立てられるので検討してみる価値はありますね。

また、住宅ローンがある場合は、個人再生という手続きになります。
住宅を残すことができるので、住宅ローン以外の借金を整理することができます。
借金額を1/5に減額してもらい、3~5年にかけて返済する計画を行います。
あくまで、返済額の減額手続きなので、安定した収入が見込める状態でないと個人再生はできません。
安定した収入を見込めない場合は、自己破産という選択肢になります。

毎月の借金返せないレベル

返済額が減額しても返済できない状態の場合は自己破産が適しています。
また、返済するために別のところから借りて返済する状態になっていたら赤信号です。
いわゆる「自転車操業」。この状態になった場合、対策をしなければしないほど深みにはまっていきます。
借金がどんどん雪だるま式に膨らんでいわゆる多重債務者は、一刻も早く専門家の力を借りて、一緒に解決するべきなのです。まずは、現状を確認するうえで借金減額シュミレーターを利用してみるといいですよ。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないについてのQ&A

返済が遅れるとどうなる?
一定期間が立つと支払督促の通達がきます。最初の通達は警告です。この時点だと信用情報に影響はありません。電話や郵便での催促があります。
3ヶ月ほど返済期日を過ぎると、個人信用情報機関へ「遅延」として登録されます。いわゆるブラックリストと呼ばれる段階です。
借金返せないコラム
借金返済資金を親に借りる
お金を借りるといつかは返さないといけません。そして、借りている間には金利という形で返済額に利息がのっかてきます。
借金返済が大変になるのは、金利が圧迫している場合があります。少しでも金利を低くするために、借入先に交渉したいものです。
しかし、現実にはなかなか低い金利にしてくれる場合は少ないです。
金利のかからないお金というと、好意という名のものでしょう。利害関係のない人からなら、
金利なしで貸してもらえることがあります。例えば、親から借りることはあるかと思います。
親から借りることができれば、借りたいと思うものですが、デメリットもあります。
それは、他人でないからこそ約束が曖昧になったりする可能性があります。
月いくら返すよ!という信用という言葉ですが危険なところではあります。
車を購入する際の300万円を用意しないといけない場合ですが、
金融機関からマイカーローンなどを利用して購入した場合は、合計で330万くらいは払いますよね。
利息が30万円もつくわけです。合計支払額というのを考えると、しっかり約束を守れれば親から借りるのは、
賢い選択かもしれませんね。親の立場からすると、信じたいものですから貸しますよね。
--

--