借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

状況を冷静に確認する

返済期日が近づいているのに、返済するお金が足りなくなることがあったらいくつかの選択方法があります。
一つ目は、新たにお金を借りて、支払いに回すことです。
資金を用意できれば、一時的にも返済できない状態を回避できます。
しかし、返済の為の借入を行う状況ですとお金を返せなくなるのは時間の問題です。
翌日、または数ヵ月後にお金が足りなくなってしまいます。根本的な解決をしないといけないわけです。

どのくらい余裕がありますか?

苦しいながらもお金のやり繰りができている状況なら、頑張るべきです。
頑張って返済できる状態なら、自分の中で線を引くことも大事でしょう。
あきらめる、頑張るって本人次第な面があります。どうにもならない場合は、改善されないわけです。

並行して準備をするべきです。

崖っぷちになる前に、次の一手ができるように、知っておいた方が良いです。
借金返済できない時の法的手段はどのようなものがあるか?ということです。
債務整理といいますが、借金の減額、借金の免除など法律で用意されている手続きについて勉強するべきです。
借金問題を解決する根本的な問題は専門家に相談したほうが良い知恵をいただけます。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
銀行の隠れざるルール
自己資本が4%以下にすると銀行業務ができなくなります。
自分の持っている財産の割合を自己資本比率といいます。
だから銀行としては、貸し出している金額と、自身がもっている資産を常に把握しています。
万が一融資した資金が不良債権になってしまった場合は、自身がもっている資産で穴埋めをしなければいけません。
これが貸し渋りにつながっているのです。
しっかり審査をすればいいじゃん!と思うかもそれませんが、審査って非常に難しいものです。
クレジットカードの申込審査で個人信用情報機関に参照する審査とは比べ物にならないくらい複雑なわけです。
単純に数字だけを追えばよいというのではなく、事業の将来性など不確定要素を考慮する読みが非常に重要なわけです。
というわけで、銀行がお金を貸しやすくするためのテクニックをしっかり行っている経営者は能力が高いと評価されるわけです。
経営者の仕事はお金が上手に回るかを考えることですから、銀行とうまく付き合っていくのも大事なんですね。
つまり借金を上手に取りいれていくということです。
しかし、個人と企業とでは桁が違うのも事実です。また、税務などのルールも違います。
その点を加味しても、やはり相手の気持ちに答えることは大事なことでしょう。
--

--