借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

状況を冷静に確認する

返済期日が近づいているのに、返済するお金が足りなくなることがあったらいくつかの選択方法があります。
一つ目は、新たにお金を借りて、支払いに回すことです。
資金を用意できれば、一時的にも返済できない状態を回避できます。
しかし、返済の為の借入を行う状況ですとお金を返せなくなるのは時間の問題です。
翌日、または数ヵ月後にお金が足りなくなってしまいます。根本的な解決をしないといけないわけです。

どのくらい余裕がありますか?

苦しいながらもお金のやり繰りができている状況なら、頑張るべきです。
頑張って返済できる状態なら、自分の中で線を引くことも大事でしょう。
あきらめる、頑張るって本人次第な面があります。どうにもならない場合は、改善されないわけです。

並行して準備をするべきです。

崖っぷちになる前に、次の一手ができるように、知っておいた方が良いです。
借金返済できない時の法的手段はどのようなものがあるか?ということです。
債務整理といいますが、借金の減額、借金の免除など法律で用意されている手続きについて勉強するべきです。
借金問題を解決する根本的な問題は専門家に相談したほうが良い知恵をいただけます。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金は英語でなんと言う?
debtです。借金、負債、債務などの意味がありますね。
日本語を母国語としている日本人は、英語を一旦日本語に翻訳します。
なので英語の勉強をする前に日本語も勉強しないといけないわけです。
語彙の国語で勉強しますが、言葉を上手に使うためには、国語を勉強する必要があります。
経済を考える上で、お金の事を知らないといけません。
日本は失敗を許さない国だといいますが、借金が大きく関わってきます。
事業を開始する際に金融機関から事業計画書を元に資金を調達します。
その際、日本は個人保証をする必要があります。
つまり、借金返済の義務は、個人に責任が行くわけです。一見当たり前のことと思いますが、
実はアメリカでは、個人保証ではなく機関保証です。
公的機関が保証人になるため事業が失敗した際は、個人に負債は行かないわけです。
日本では、自己破産などを行うにしても失敗の代償を大きいわけです。
借金がなくなっても資産までなくなるのでは、どうしても躊躇してしまうこともありますよね。
そんな背景からベンチャー企業が育たないのもひとつの要因であると考えられます。
もちろん、リスクがなくなる分儲かりそうな事業が判断する審査は厳しくなるのは当然です。
--

--