借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

妥当な返済額は?

月々の返済額は無理のない返済ができるように考えてお金を借りたはずです。
でも、その返済額に支障がでたということは、返済額がいくらなら返済可能なのか改めて確認するべきでしょう。
借入れた額によっては、利息も大きな負担になっていることでしょう。
一度、現在状況での妥当な返済額を検討したほうが良いです。

借金の確認

借入先の確認と借入額を確認するべきです。借入数によっては、おまとめローンなどを利用して、
金利を少しでも減らすことも可能です。返済額+金利ですが、返済計画に大きく関わってくるのが利息でしょう。
借入先にとっては、高額な利息となってる場合もあるのが事実ですので、見直しが大切です。

返済期日を過ぎたとしても

返済日を過ぎたとしても、返済できるのなら大きな問題がありません。
問題になるのは、返済しないことなんです。ですので、専門家を通して、借金返済計画の見直しをしたい。
そして返済をする意思があることは債権者に伝えるべきです。
ポイントは、専門家に交渉をしてもらうということです。交渉次第では、返済額がとっても少なくなります。
具体的には、利息がなくなることだってあります。返済できない状態から脱出するひとつの方法です。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金返済資金を親に借りる
お金を借りるといつかは返さないといけません。そして、借りている間には金利という形で返済額に利息がのっかてきます。
借金返済が大変になるのは、金利が圧迫している場合があります。少しでも金利を低くするために、借入先に交渉したいものです。
しかし、現実にはなかなか低い金利にしてくれる場合は少ないです。
金利のかからないお金というと、好意という名のものでしょう。利害関係のない人からなら、
金利なしで貸してもらえることがあります。例えば、親から借りることはあるかと思います。
親から借りることができれば、借りたいと思うものですが、デメリットもあります。
それは、他人でないからこそ約束が曖昧になったりする可能性があります。
月いくら返すよ!という信用という言葉ですが危険なところではあります。
車を購入する際の300万円を用意しないといけない場合ですが、
金融機関からマイカーローンなどを利用して購入した場合は、合計で330万くらいは払いますよね。
利息が30万円もつくわけです。合計支払額というのを考えると、しっかり約束を守れれば親から借りるのは、
賢い選択かもしれませんね。親の立場からすると、信じたいものですから貸しますよね。
--

--