借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

妥当な返済額は?

月々の返済額は無理のない返済ができるように考えてお金を借りたはずです。
でも、その返済額に支障がでたということは、返済額がいくらなら返済可能なのか改めて確認するべきでしょう。
借入れた額によっては、利息も大きな負担になっていることでしょう。
一度、現在状況での妥当な返済額を検討したほうが良いです。

借金の確認

借入先の確認と借入額を確認するべきです。借入数によっては、おまとめローンなどを利用して、
金利を少しでも減らすことも可能です。返済額+金利ですが、返済計画に大きく関わってくるのが利息でしょう。
借入先にとっては、高額な利息となってる場合もあるのが事実ですので、見直しが大切です。

返済期日を過ぎたとしても

返済日を過ぎたとしても、返済できるのなら大きな問題がありません。
問題になるのは、返済しないことなんです。ですので、専門家を通して、借金返済計画の見直しをしたい。
そして返済をする意思があることは債権者に伝えるべきです。
ポイントは、専門家に交渉をしてもらうということです。交渉次第では、返済額がとっても少なくなります。
具体的には、利息がなくなることだってあります。返済できない状態から脱出するひとつの方法です。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金は英語でなんと言う?
debtです。借金、負債、債務などの意味がありますね。
日本語を母国語としている日本人は、英語を一旦日本語に翻訳します。
なので英語の勉強をする前に日本語も勉強しないといけないわけです。
語彙の国語で勉強しますが、言葉を上手に使うためには、国語を勉強する必要があります。
経済を考える上で、お金の事を知らないといけません。
日本は失敗を許さない国だといいますが、借金が大きく関わってきます。
事業を開始する際に金融機関から事業計画書を元に資金を調達します。
その際、日本は個人保証をする必要があります。
つまり、借金返済の義務は、個人に責任が行くわけです。一見当たり前のことと思いますが、
実はアメリカでは、個人保証ではなく機関保証です。
公的機関が保証人になるため事業が失敗した際は、個人に負債は行かないわけです。
日本では、自己破産などを行うにしても失敗の代償を大きいわけです。
借金がなくなっても資産までなくなるのでは、どうしても躊躇してしまうこともありますよね。
そんな背景からベンチャー企業が育たないのもひとつの要因であると考えられます。
もちろん、リスクがなくなる分儲かりそうな事業が判断する審査は厳しくなるのは当然です。
--

--