借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

法律の力を借りる

返済に支障があった場合に債権者に交渉することができます。
債務整理の一つである任意整理というものです。
これは、初期の借金の整理に使われる手続きで、裁判所を通さない手続きです。
手続きが比較的楽というのも特徴です。メリットとデメリットを解説します。

任意整理メリット

借金の減額の交渉ができるということです。また、返済方法も交渉でき返済が楽になります。
債権者としたら、貸したお金が返ってこないよりは、返ってくる方がよいので、相談の余地があるわけです。

任意整理デメリット

あくまで交渉がすべてなので、債権者が交渉に応じない場合は、他の債務整理を利用する必要があります。
交渉力が重要なので、素人では応じてもらえないでしょう。
そこで、重要なのが、債務整理専門の弁護士なら期待できるでしょう。

任意整理の実際

グレーゾーン金利の引き直し計算を行うのが一般的です。
過払い金が発生していれば、元金を減らす事が可能になり、更に過払い金の額によっては、借金が0になった事例もあります。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金は英語でなんと言う?
debtです。借金、負債、債務などの意味がありますね。
日本語を母国語としている日本人は、英語を一旦日本語に翻訳します。
なので英語の勉強をする前に日本語も勉強しないといけないわけです。
語彙の国語で勉強しますが、言葉を上手に使うためには、国語を勉強する必要があります。
経済を考える上で、お金の事を知らないといけません。
日本は失敗を許さない国だといいますが、借金が大きく関わってきます。
事業を開始する際に金融機関から事業計画書を元に資金を調達します。
その際、日本は個人保証をする必要があります。
つまり、借金返済の義務は、個人に責任が行くわけです。一見当たり前のことと思いますが、
実はアメリカでは、個人保証ではなく機関保証です。
公的機関が保証人になるため事業が失敗した際は、個人に負債は行かないわけです。
日本では、自己破産などを行うにしても失敗の代償を大きいわけです。
借金がなくなっても資産までなくなるのでは、どうしても躊躇してしまうこともありますよね。
そんな背景からベンチャー企業が育たないのもひとつの要因であると考えられます。
もちろん、リスクがなくなる分儲かりそうな事業が判断する審査は厳しくなるのは当然です。
--

--