借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

法律の力を借りる

返済に支障があった場合に債権者に交渉することができます。
債務整理の一つである任意整理というものです。
これは、初期の借金の整理に使われる手続きで、裁判所を通さない手続きです。
手続きが比較的楽というのも特徴です。メリットとデメリットを解説します。

任意整理メリット

借金の減額の交渉ができるということです。また、返済方法も交渉でき返済が楽になります。
債権者としたら、貸したお金が返ってこないよりは、返ってくる方がよいので、相談の余地があるわけです。

任意整理デメリット

あくまで交渉がすべてなので、債権者が交渉に応じない場合は、他の債務整理を利用する必要があります。
交渉力が重要なので、素人では応じてもらえないでしょう。
そこで、重要なのが、債務整理専門の弁護士なら期待できるでしょう。

任意整理の実際

グレーゾーン金利の引き直し計算を行うのが一般的です。
過払い金が発生していれば、元金を減らす事が可能になり、更に過払い金の額によっては、借金が0になった事例もあります。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金返済資金を親に借りる
お金を借りるといつかは返さないといけません。そして、借りている間には金利という形で返済額に利息がのっかてきます。
借金返済が大変になるのは、金利が圧迫している場合があります。少しでも金利を低くするために、借入先に交渉したいものです。
しかし、現実にはなかなか低い金利にしてくれる場合は少ないです。
金利のかからないお金というと、好意という名のものでしょう。利害関係のない人からなら、
金利なしで貸してもらえることがあります。例えば、親から借りることはあるかと思います。
親から借りることができれば、借りたいと思うものですが、デメリットもあります。
それは、他人でないからこそ約束が曖昧になったりする可能性があります。
月いくら返すよ!という信用という言葉ですが危険なところではあります。
車を購入する際の300万円を用意しないといけない場合ですが、
金融機関からマイカーローンなどを利用して購入した場合は、合計で330万くらいは払いますよね。
利息が30万円もつくわけです。合計支払額というのを考えると、しっかり約束を守れれば親から借りるのは、
賢い選択かもしれませんね。親の立場からすると、信じたいものですから貸しますよね。
--

--