借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

住宅を残したい場合の手続き

債務整理で借金は整理したいけど、引越ししないようにしたいということはあります。
債務整理には、症状が軽い順から並べると、任意整理、個人再生、自己破産とあります。
住宅を残すことを優先的に考えるのであれば個人再生が最適です。
住宅を手放さずに住宅ローン以外の債務についてのみ整理することが可能です。

住宅資金特別条項

住宅ローンに限っては特別に借金の取り扱いを変えますよ!という特別な措置ですが、
借金返済に困る場合はほとんどが住居などの心配が多いいものです。
とくに家族にも影響がでるので、債務整理は慎重に行う必要もあるのですね。
住宅ローン以外の返済負担を軽くするために返済回数を増やしたり、最大5年間で分割して払うような手続きです。

個人再生の手続が開始できる条件を満たす必要がある

あくまで借金の減額の手続きなので、返済を一定期間で行うため、安定した収入があるのかが問われます。
収入がないのに、個人再生の手続きを行っても意味がありません。
つまり、新しい借金返済計画が立てられることが重要と言えます。
収入から支出を引いて、3万円程度の余剰があれば十分可能ではあります。
しかし、返済ができない場合は、他の債務整理である自己破産手続きが必要になります。
収入の面も踏まえて、再生計画を専門家と相談することが大事です。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金は英語でなんと言う?
debtです。借金、負債、債務などの意味がありますね。
日本語を母国語としている日本人は、英語を一旦日本語に翻訳します。
なので英語の勉強をする前に日本語も勉強しないといけないわけです。
語彙の国語で勉強しますが、言葉を上手に使うためには、国語を勉強する必要があります。
経済を考える上で、お金の事を知らないといけません。
日本は失敗を許さない国だといいますが、借金が大きく関わってきます。
事業を開始する際に金融機関から事業計画書を元に資金を調達します。
その際、日本は個人保証をする必要があります。
つまり、借金返済の義務は、個人に責任が行くわけです。一見当たり前のことと思いますが、
実はアメリカでは、個人保証ではなく機関保証です。
公的機関が保証人になるため事業が失敗した際は、個人に負債は行かないわけです。
日本では、自己破産などを行うにしても失敗の代償を大きいわけです。
借金がなくなっても資産までなくなるのでは、どうしても躊躇してしまうこともありますよね。
そんな背景からベンチャー企業が育たないのもひとつの要因であると考えられます。
もちろん、リスクがなくなる分儲かりそうな事業が判断する審査は厳しくなるのは当然です。
--

--