借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

借金の減額でも返済不可能の場合

当然のことながら失業や病気などで収入がなくなってしまった場合は、借金返済はできなくなりますね。
返済計画が狂ったら新しい返済計画を立てないといけません。
そんなときは、迷わず自己破産を理解することが必要です。
自己破産は、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、借金返せないことを受け入れることによって、本当に良い救済措置となります。

借金の免除

借金をなくすことができるのが最大のメリットではあります。
しかし、それに伴っての弊害というのもあるのが事実です。
財産の処分をすることになるので、住宅、車、生命保険などは手放さくてはいけません。
それでも、現実的には、収入の確保が厳しいのであれば、自己破産手続きによって一度精算したほうが、新しい生活がよくなります。

問題の本質を考える

借金は経済活動において必要なものです。
ですので、借金を返せないのは経済活動の一貫として起こりうる結果なのではないでしょうか。
大事なのは、返済できない状況に陥った原因を分析することでしょう。
何が悪かったのかしっかる反省して、次回同じことのないようにお金の管理をしっかりすることが重要でしょう。
だから、借金返済に苦しんでる場合は、一刻も早く再出発を行った方が早いと思います。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
銀行の隠れざるルール
自己資本が4%以下にすると銀行業務ができなくなります。
自分の持っている財産の割合を自己資本比率といいます。
だから銀行としては、貸し出している金額と、自身がもっている資産を常に把握しています。
万が一融資した資金が不良債権になってしまった場合は、自身がもっている資産で穴埋めをしなければいけません。
これが貸し渋りにつながっているのです。
しっかり審査をすればいいじゃん!と思うかもそれませんが、審査って非常に難しいものです。
クレジットカードの申込審査で個人信用情報機関に参照する審査とは比べ物にならないくらい複雑なわけです。
単純に数字だけを追えばよいというのではなく、事業の将来性など不確定要素を考慮する読みが非常に重要なわけです。
というわけで、銀行がお金を貸しやすくするためのテクニックをしっかり行っている経営者は能力が高いと評価されるわけです。
経営者の仕事はお金が上手に回るかを考えることですから、銀行とうまく付き合っていくのも大事なんですね。
つまり借金を上手に取りいれていくということです。
しかし、個人と企業とでは桁が違うのも事実です。また、税務などのルールも違います。
その点を加味しても、やはり相手の気持ちに答えることは大事なことでしょう。
--

--