借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

借金の減額でも返済不可能の場合

当然のことながら失業や病気などで収入がなくなってしまった場合は、借金返済はできなくなりますね。
返済計画が狂ったら新しい返済計画を立てないといけません。
そんなときは、迷わず自己破産を理解することが必要です。
自己破産は、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、借金返せないことを受け入れることによって、本当に良い救済措置となります。

借金の免除

借金をなくすことができるのが最大のメリットではあります。
しかし、それに伴っての弊害というのもあるのが事実です。
財産の処分をすることになるので、住宅、車、生命保険などは手放さくてはいけません。
それでも、現実的には、収入の確保が厳しいのであれば、自己破産手続きによって一度精算したほうが、新しい生活がよくなります。

問題の本質を考える

借金は経済活動において必要なものです。
ですので、借金を返せないのは経済活動の一貫として起こりうる結果なのではないでしょうか。
大事なのは、返済できない状況に陥った原因を分析することでしょう。
何が悪かったのかしっかる反省して、次回同じことのないようにお金の管理をしっかりすることが重要でしょう。
だから、借金返済に苦しんでる場合は、一刻も早く再出発を行った方が早いと思います。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
借金返済中なのに死亡してしまったら?
借金するときは本当によく考えないといけません。
誰でも返すつもりで借ります。でも、万が一返せなかった時の事って考えていることは少ないと思います。
とくに消費者金融などから借りるお金は、借りやすい為に計画的に借りることは少ないです。
一番多いいのは急な用立てでしょう。だって金利を考えたらものすごく損していますよね。15%の金利ってもったいないです。
借金したの人が死んでも借金の返済義務は消滅しません。
相続という形で法定相続人に引き継がれるわけです。借金の額が多いい場合、相続人が払えない場合は、
自己破産することになってしまいます。死亡した人の財産を精算してマイナスの場合は相続しない選択肢があります。
つまり相続放棄というものです。遺産相続は、資産と負債を考えて相続しないと、困ってしまいます。
結果的に生命保険などに加入していれば消費者金融などの借金は、生命保険からの保険金で支払うことになります。
相続人の事を考えると、借金するのであれば借金の分だけ生命保険に加入しておく必要があるかと思います。
これは、住宅ローンなどにも言えることですが、団体信用生命保険という保険に入るのが一般的です。
借金は保険を上手に組み合わせるのが得策かもしれませんね。
--

--