借金返せない

借金返せない時の対策を解説します。

借金の減額でも返済不可能の場合

当然のことながら失業や病気などで収入がなくなってしまった場合は、借金返済はできなくなりますね。
返済計画が狂ったら新しい返済計画を立てないといけません。
そんなときは、迷わず自己破産を理解することが必要です。
自己破産は、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、借金返せないことを受け入れることによって、本当に良い救済措置となります。

借金の免除

借金をなくすことができるのが最大のメリットではあります。
しかし、それに伴っての弊害というのもあるのが事実です。
財産の処分をすることになるので、住宅、車、生命保険などは手放さくてはいけません。
それでも、現実的には、収入の確保が厳しいのであれば、自己破産手続きによって一度精算したほうが、新しい生活がよくなります。

問題の本質を考える

借金は経済活動において必要なものです。
ですので、借金を返せないのは経済活動の一貫として起こりうる結果なのではないでしょうか。
大事なのは、返済できない状況に陥った原因を分析することでしょう。
何が悪かったのかしっかる反省して、次回同じことのないようにお金の管理をしっかりすることが重要でしょう。
だから、借金返済に苦しんでる場合は、一刻も早く再出発を行った方が早いと思います。

街角法律相談所の借金相談シュミレーター

街角法律相談所

10秒もあればシュミレーターを試すことができます。
匿名で利用できるところも嬉しいですね。シュミレーターの結果、最適な弁護士に相談してみるといいかもしれません。
もちろん、利用は24時間できて無料です。

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

借金返せないコラム
自己破産をすると誰が困るのか?考えてみた。
今、なにかと話題に上る学校法人森友学園の国有地問題。
何やら理事長というのは、会社の経営者と同じようなもので、資金がショートしていまい、理事長は自己破産になりそうだというのです。
自己破産によって、被害があるのは施工業者である藤原工業が、金額としては一番被害が大きいことになってきます。
藤原工業と森本学園の契約は、15億5520万円ですが、現時点で工事代金が約11億円ほど支払われていないようです。
藤原工業としては、連鎖倒産ということはないと考えています。
藤原工業が経営状況が悪いのであれば、倒産ということも大いにありえますが、実に優良企業とのことですので、痛みが致命的ではないのではないのでしょうか。
建設関係は、母体がしっかりしていないと不足の自体に耐えられず、連鎖倒産もあります。
もし仮に理事長が自己破産した時は、工事代金約11億円が損金になるわけですね。
自己破産した際に、債権者に理事長の財産がいくわけですが、工事代金約11億円のうちいくら分回収できるのでしょうか?
藤原工業の弁護士に委ねられるわけです。気になるのは、藤原工業の下請け業者、孫請け業者の点です。
田中造園土木などいろいろと出てきますね。影響はあるのかないのか?個人的に気になります。
--

--